標準版
標準版

大気非常に不安定 東日本は14日も天気急変のおそれ


東・西日本は13日夜遅くにかけて大気の状態が非常に不安定となり、局地的に雷を伴って非常に激しい雨が降り、大雨となる所がある見込み。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒・注意が必要だ。

13日午後4時30分までの3時間雨量(解析値)

 東・西日本は太平洋高気圧の縁をまわる暖かく湿った空気が流れ込み、日中の気温上昇も加わり大気の状態が非常に不安定となっている。午後は所々で雨雲が発達し、東京都内でも激しい雷雨となった所があった。静岡県静岡市葵区井川では午後2時前までの1時間に55.5ミリ、山梨県大月市では、午後2時半すぎまでの1時間に56.5ミリの非常に激しい雨を観測している。

14日昼過ぎの雷の発生する確率

大雨・雷・突風

 東・西日本は所々で雷雲が発達して、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨の降っている所がある。13日夜遅くにかけて大気の状態が非常に不安定となり、局地的に雷を伴って非常に激しい雨が降り、大雨となる所がある見込み。14日夕方までの24時間に予想される雨量は、関東甲信の多い所で100ミリとなっている。なお、東日本では14日(火)午後も、大気の状態が非常に不安定となる見込み。

積乱雲の兆候 出典:気象庁HP

 大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒・注意が必要だ。落雷や、竜巻などの激しい突風に注意が必要となる。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めるよう心掛けたい。また、ひょうが降るおそれもあるため、農作物や農業施設の管理にも注意が必要だ。

コメント

0comment

関連記事

Title
大気非常に不安定 東日本は14日も天気急変のおそれ
Keywords
Description
Language
Location
Length
962
Characters
689
Timezone
Asia/Tokyo
Datetime
Period
2018-08-13 20:00:00 ~